[Admin] 12/20 12/16

フィルム サイコウ 2006-12-18(Mon)

この週末、今までの僕の写真ライフでたぶん一番素晴らしい経験をさせてもらいました。暗室で自分の撮ったネガフィルムから、カラーの焼き付けプリント作業をしたのです。
しかも、プロの写真家 兼子裕代さん(http://www.hiroyokaneko.com/index.html)に直々について教えてもらいました。

今春、ホントはデジタル一眼カメラが高くて買えないから?、中古のフィルムカメラを始めた僕でしたが、最近、続々と新型のデジタル機種が発売され、友人からもなんでデジタルに移行しないのかといわれて、このままフィルムを続けるかどうか悩んでいました。使っていたお店のフィルムスキャナの品質がいまいちで、肝心のプリントに大きな不安を感じていたからでもあります。

生まれて初めての暗室作業は、それだけでわくわくする作業でしたが、顕微鏡でフィルムの粒子を確認してピントを合わせ、4時間かけて1−2枚の写真プリントを何度も焼いてプリントを作っていくプロセスに、とても大きな満足感を感じました。その上、兼子さんの、大判で撮られた作品を超大型プリントに仕上げていく作業も見せていただきました。まさに、フィルムの解像度だけでなく、色表現の深さと、その力に、大きく再考させられました。色調整を自分でできるようになるまで、まだ何度か暗室作業を練習する必要がありますが、こんな貴重な機会を与えていただき、深く感謝したいと思います。初心者の趣味レベルで、大げさだけど、なんか、吹っ切れた気がします。ポジもいいけどネガフィルムが素晴らしい。

記念して出来上がった写真をアップしたいところですけど、今日焼いた写真は実際に手にしてみないと感じる事ができないんですね。ということで、今の僕のこの気持ちをアップしておきます。フィルム、サイコウ!

[Post Your Comments?]

[TOP]
Silicon Valley Surf & Nature Photolog